シンフォニア岩国 山口県民文化ホールいわくに

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

TEL:0827-29-1600 開館時間 9:00~22:00 チケット・利用受付は19:00まで

お電話でのお問い合わせ

イベント詳細

チケットのご購入はこちら

チケットのご予約・ご購入はこちら インターネットでチケットをご購入いただけます。 シンフォニア岩国チケットセンター 0827-29-1600(10:00~19:00)

取扱いチケット一覧

  • 概要
  • プロフィール

木原 朋子 Tomoko Kihara  (箏・三味線)

広島県生まれ。
幼少よりピアノを始める。中学より箏を、高校より地唄三味線を始める。エリザベト音楽大学卒業、同大学院修士課程修了。
2000年、箏曲コンクールにて優良賞受賞。
2004年、沢井箏曲院教師資格試験首席合格、沢井箏曲院会長賞受賞。同年、NHK邦楽オーディション合格、エリザベト音楽大学ザビエル賞受賞、エリザベト音楽大学セシリア賞受賞。
2009年、アフィニス音楽祭にてHariolf Schlichtig氏と共演、ピアノフェスティバル山口・釜山公演にゲスト出演、エリザベト音楽大学弦楽合奏定期演奏会にゲスト出演、山口フェスティバル山口・釜山公演ゲスト出演。
2010年、NHK新春コンサートにて東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスター戸澤哲夫氏と共演、広島市、広島県からの依頼演奏を多数務める。
2011年、Kammerphilharmonieひろしま日独交流150周年記念コンサートにて、ソリストとして広島・ドイツ公演に出演。同年、チャランゴ奏者、Diego Jascalevich氏のプロジェクト「Welt der Saiten」においてドイツ国内デュオツアーに参加。以降毎年このプロジェクトツアーをドイツ国内にて行っている。
2012年、若い芽を育てる会牛尾シズエ特別賞受賞。第19回賢順記念全国箏曲コンクール銀賞及び福岡県知事賞受賞。
2013年8月、佐藤紀雄氏プロデュース「welt in einklang ~世界の音がひとつになる~」広島・東京公演出演。
2014年、Aachen Guitar Festivalから招待を受け参加。
2015、橋本眞秀氏のKOTOプロジェクトの箏奏者に抜擢され、ピーター・アースキン(Peter Erskine/Dr.)、アラン・パスクア(Alan Pasqua/Pf)、ダミアン・アースキン(Damian Erskine/Ba)、タイガー大越(Tp.)、菅原久仁義(尺八)とレコーディングに参加。完成したCD『輪音〜WAON〜』は全国リリースされた。
その他、HFM、NHK-FM、NHK広島、TSSテレビ新広島等での番組出演。広島県呉市に開校された広島県立呉南特別支援学校の校歌を作詞作曲。
2017年「ATOWA」メンバーとしてパリJapan Expoに参加。同メンバーでスペインSan Sebastianにて演奏も行った。これまでに箏を、若岡史子、脇節子、沢井一恵、岡村慎太郎の各氏に師事。

現在、ソロ活動の他、なかにし隆プロデュース和JAZZユニット「うたウこと」メンバー。上垣内寿光(Gt.)、小林良子(Sp.)「トリオ舞音」メンバー。齋藤愛(Vn.)、杉江慶子(Pf./Arr.) トリオ「SAKURA」メンバー。古典音楽も研究する傍ら、ジャンルに囚われず箏の可能性を探っている。
箏曲院教師、比治山女子中学・高等学校非常勤講師、エリザベト音楽大学講師。音楽教室「TomoKoto Music School」主宰。

Facebook: https://www.facebook.com/tomoko.kihara

Tomoko Kihara Official Web Site

ページトップ