シンフォニア岩国 山口県民文化ホールいわくに

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

お電話でのお問合せ・チケット購入

TEL:0827-29-1600

イベント詳細

チケットのご購入はこちら

取扱いチケット一覧

  • 概要
  • プロフィール

管弦楽:ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
舞踏:ウィーン・フォルクスオーパー・バレエ団メンバー

管弦楽:ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
Symphonie-Orchester der Volksoper Wien
ウィーン・フィルと並び世界最高のウィンナ・ワルツ、ポルカを聴かせてくれるこの楽団は、ウィーンを代表するオペラ、オペレッタハウスとして1898年に皇帝フランツ・ヨーゼフ即位50年を記念して創設されたウィーン・フォルクスオーパー(国民劇場)のオーケストラ・メンバーにより結成。毎年、お正月の日本にウィーンの薫りを届けてくれる。

舞踏:ウィーン・フォルクスオーパー・バレエ団メンバー
Members of "Verein Ballett der Volksoper Wien", dance
ウィンナ・ワルツの研究と継承、および典型的なウィンナ・ダンスの保護を目的としてウィーン・フォルクスオーパーを母体に結成されたバレエ団。今回は選りすぐりの2組のペアが、ニューイヤーの舞台に登場する。

指揮者:ルドルフ・ビーブル

ウィーン・フォルクスオーパー名誉指揮者。1973年より専属指揮者となり、同劇場の “オペレッタ黄金時代”を築く。95年から音楽監督を務める「メルビッシュ湖上オペレッタ」を“ウィンナ・オペレッタ”のメッカにした功績等により、オーストリア科学・芸術功労十字賞(第一等)授与。85歳を迎えた今もなお、ウィンナ・ワルツ独特の三拍子やテンポの良さで観客を魅了し、50曲ものオペレッタを暗譜しているという伝説の指揮者。今回で、フォルクスオーパー響との日本ツアーは引退する。

ソプラノ:アンドレア・ロスト
テノール:メルツァード・モンタゼーリ

ソプラノ:アンドレア・ロスト Andrea Rost, soprano
1989年ハンガリー国立歌劇場でオペラ・デビュー。91年にはウィーン国立歌劇場とソリスト専属契約を結び、『ドン・ジョヴァンニ』『フィガロの結婚』『愛の妙薬』『ランメルモールのルチア』などで成功を収める。94年にはムーティに招かれ、ミラノ・スカラ座にデビュー。ザルツブルク音楽祭、メトロポリタン歌劇場、パリ・オペラ座、コヴェントガーデン王立歌劇場などに出演。2012年、13年のニューイヤー・コンサートに出演し、大好評を博した。

テノール:メルツァード・モンタゼーリ Mehrzad Montazeri, tenor
ウィーンのシューベルト音楽院、ウィーン音楽大学で学ぶ。フォルクスオーパーには2004/05年シーズンにデビュー。08年6月に行われた日本公演『マルタ』のライオネル役では、その類まれな歌唱と容姿があいまって絶賛を博した。フォルクスオーパーのニューイヤー・コンサートへの出演は、テノールとしては最多を数え、09年、10年、12年、14年と日本の聴衆に受け入れられ昨年に引き続き5度目の登場となる。

ページトップ